チンピラにからまれた時の対処方法

   

Pocket

 

金曜日といえば、タクシーの運収が一番あがる曜日です。

 

その金曜日に、チンピラにからまれてしまいました(泣)

 

二人組の20代ぐらいの男性が乗車。

 

ドアを閉めた時に、

 

「痛い!」

 

と言われてしまったんです。

 

「ドアで手をはさんだやないか!

 しかも、

 スマホの画面も割れてしまったやろ!!!

 弁償しろ!!弁償!!」

 

スマホを持っていた手をドアではさんだみたいで、

最初は、本当にはさんでしまった、と思ったんです。

 

 

「本当に、すみません・・・・。

 おケガはありませんか。

 病院に、まず参りましょうか?

 

 スマホの弁償も、警察に立ち会ってもらって、

 車内事故として、調書をとってもらって

 保険会社から修理代を

 お支払いさせていただきますので・・・・」

 

と伝えた時に
「こっちは、大阪から福岡に仕事で来てるんや!

 大事な取引先を今、待たせているんやで。

 病院はいいから、スマホの弁償だけでも、

 すぐにせえや!」

 

と相手が言ってきたので、

 

「おかしいな」

 

と思いましたね。

 

「警察にきてもらったら困る」と言わんばかりに、

警察に電話しようとすると、

 

「警察には、電話せんでええ。

 お前が、ドアで手をはさんで、

 スマホの画面を壊したんやで。

 お前が何とかせえよ!!」

 

と手をはさんでいない相方が、まくしたてて言ってくるようになりました。

「手をはさんだ方が、子分で、

 手をはさんでいない方が、兄貴分なんだな」

と思いましたね。

 

「チンピラも馬鹿じゃないから、

 どんな暴言をはいても、

 手は絶対に出さないから

 安心したらいいよ」

 

と以前、聞いたことがあったので、冷静に対処して、

15分ぐらい怒鳴り続けられましたが、

 

「すみません、やはり弁償するには

警察の調書が必要なので・・・」

 

と警察に、電話をした途端に、

 

「話にならん!!」

 

と捨て台詞を残して、二人は降りていきました。

 

会社からは、

 

「念のため、あとで文句を言われても保険がきくように、

 

警察を呼んで、車内事故として、書類を書いてもらってください」と

 

言われたので、警察にはきてもらいました。

 

タクシーに乗りはじめて2年目で、初めての経験でした(^_^;)

 

 - タクシーのトラブル対処方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。