乗り逃げの対処方法

   

Pocket

 

「乗り逃げされたことありますよ。

 中洲から香椎まで乗せたお客さんが、

『部屋にお金を取りにいってきます』

 と言ってマンションに入っていったが、

 戻ってこなかった」

 

という話を先輩乗務員から聞いていました。

 

この乗り逃げ犯は、常習者だったようで、後日、警察につかまって、

中洲から香椎までの運賃2500円ぐらいは戻ってきたそうです。

 

 

「部屋にお金を取りに言ってきます」

と言われたら、

「会社から、一緒に行くように言われていますので・・・」

と伝えて、お客様と一緒に部屋まで行くのが一番いいですね!

 

 

そう言いながら、私も先日、乗り逃げにあってしまいました(^_^;)

 

中洲でお客様を乗せて、中洲の交差点で信号待ちをしていたら

お客様に電話がかかってきて、

どうもお店に忘れ物をした様子でした。

 

「ちょっと降りますね」

と言うやいなや、

お客様が自分でドアを開けて、あっという間に降りて行ってしまいました。

 

 

交差点で信号待ちをしているところでしたから、

車をおいて、お客様を追いかけるわけにもいかず、

5分ほど待っていましたが、当然、戻ってきませんでした。

 

初乗りの580円は自腹となり、

先輩乗務員に、話をしたところ、

 

「警察を呼んで、犯人探しをしようとしたら、

 1時間以上は、時間をとられるよ。

 かりに、お客さんがみつかっても

 570円が返ってくるだけ。

 ほとんどの場合、見つからない。

 

 それなら、気持ちを切り替えて、

 1時間で、3000円の運収をあげた方が

 よっぽどいいよ」

 

とアドバイスをもらいました。

 

乗り逃げの額にもよると思いますが、

対処の仕方の選択肢として参考になさって下さい!

 

 - タクシーのトラブル対処方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。