運収アップ!「流し営業のコツ」其の5:「ハイ!喜んで(^o^)」

      2018/08/29

Pocket

「近いけど、いいですか?」お客様が、乗車される時に、ときどき言われます。

 

「ハイ!よろこんで(^^)」

 

と気持ちよくお答えしています!裁判所の書記官をしている知人に、ちょっと手間のかかる頼みごとをしたとき、「ハイ!よろこんで!」と言ってくれました。その時、とても気持ちがよかったんです。同じ気持ちに少しでもなってもらえたらと思い、お客様が、「近くて申し訳ないけど、いいですか」と言われたときは、特に、満面の笑みでお答えしています。

「そんなこと言われる運転手さんに、初めて会いましたよ」

「気持ちがいいね~」

と喜んでいただいています\(^o^)/「スマイル0円」でレジでスマイルされても気分は良くなりますが、タクシーに乗った時、スマイルされるとは、ほとんどのお客さんは思っていませんから、その意外性がいいんでしょうね。たった一言ですがインパクトがありますよ!

「近くてもいいですか?」と一言添えるお客さんの多くは、以前に近い距離でタクシーに乗った時、運転手からムスッとした表情や態度をとられたことがあるんだと思います。実際、お客さんから「空港でタクシーに乗った時、近い距離だったので、運転手さんから『何時間も待ったのに、そんな距離ですか。。。』とあからさまに言われて、イヤな気分になったことがあるんですよ」と聞かされたことがあります。待機営業だと、ヒマな日は、何時間待ちもあるみたいですね。私は、流し営業しかしたことがないので分かりませんが、1時間、流しても手が上がらなくて、やっと手が上がったお客さんが近い距離でも、嬉しいものです。そのお客さんをキッカケに流れが変わって、次々にお客さんを乗せられることも多いです。「今日は、ヒマな日で、やっとご乗車頂けて、これで流れが変わりそうです。ありがとうございます」と話しかけやすいお客さんには、お礼を言うこともありますよ。

人って、自分を大切に思ってくれる相手には好感を持つものですよね。タクシーに乗車中のわずかな時間で、しかも一期一会といわれるように、常連のお客さん以外は、人生で一回限りの出会いのことがほとんどですので、お客様を大切に思う気持ちを少しでも伝えられるようにこれからも心がけていきたいと思います。

 

 - 流し営業のコツ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。