運収アップ!「流し営業のコツ」其の9:掃除を徹底!

      2018/09/15

Pocket

リーダーからの指導

 

タクシードライバーになったばかりの頃、リーダーから「お客様にご乗車頂くときは、何人目のお客様でも、その日の最初のお客様と思って車内では快適に過ごしていただけるように、常に車内は、清潔に、汚れたたら、すぐに掃除をするように心がけましょう」と教えてもらいました!タクシーの二種免許を取得するときの講習では、「タクシーの距離単価は、飛行機の距離単価よりも、ずっと高い!」と言われました。単純に、タクシーは初乗りが1キロで約500円と考えても飛行機は、福岡から東京が1200キロで24000円として1キロ20円です(^_^;)タクシーは、世の中のどんな乗り物よりも距離単価が高い!たぶん「ななつ星」並みの距離単価でしょう。あるタクシー会社では、乗務員のことをグランドパイロット(陸上のパイロット)と呼んでいるのもうなづけます。「ななつ星」に乗った時、車内が汚れていたりするのは、考えられないですもんね。そこで、運収をあげている先輩の掃除の仕方をみていると、運転席や助手席の座席シートの下にも、雑巾がけをしたり、エアコンの通風口のホコリもとったり、爪楊枝をつかって、隙間の細かいゴミもとったりしていました。また、「特に子供さんが乗った後は、窓ガラスが手垢で汚れていることが多いから、気をつけて見て、その都度、拭くようにしているよ」「足マットも、汚れる度に、きれいにして、お客様に気持ちよく乗って頂くようにしているよ」とも。

「陰徳あれば 陽報あり」と言われるように、お客様からは、直接見えないところでの徳積み(陰徳:掃除)をしていると、不思議と、掃除した直後は、2、3回続けて手が上がって、乗車回数が増えること(陽報)が多いです!!

 

 

 

 - 流し営業のコツ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。