仏教/我利我利とは?芥川龍之介の「蜘蛛の糸」に学ぶ

      2018/10/01

Pocket

京都新聞への学生時代の投稿

 

大学時代に京都新聞の読者の欄に投稿したことがあります。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」について「蜘蛛の糸が切れたのはなぜか?」を論じる投稿が続いていました。

「罪人の体の重みで切れたのだ」「お釈迦様が切ってしまわれたのだ」などいろんな意見が寄せられていました。

私も筆をとって「カンダタの自分さえ助かればよいという我利我利の本性」について書いたところ人生初の新聞掲載になりました!読書感想文が大の苦手だった自分が、よく書いたなあと思いますが、自分が学んでいることや好きなことなら文章の上手下手はおいておいて、文章はいくらでも書けるんものなんですね。

カンダタの我利我利の本性

カンダタ一人でも、いつ切れるか分からない蜘蛛の糸に多くの地獄に堕ちた罪人が登ってくるのを見て、カンダタは「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸はおれのものだぞ。おりろ、おりろ」と大きな声でどなります。その時、今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、突然カンダタのつかんでいた所から切れてしまいます。

自分さえ助かればいいという我利我利の本性がむき出しになって、自分だけが助かろうという言動をとった悪業の重さで蜘蛛の糸が切れてしまったことを400字ぐらいに書いたことを今も覚えています(詳しい文章は忘れましたが・・・)

※物理的な重さで切れるなら、もっと早くに切れているはずですし、お釈迦様は、仏の慈悲で何とか助けてやりたいと蜘蛛の糸を垂らされたのであって、そんなお釈迦様をしても、「縁なき衆生は度し難し」(助ける縁手がかりのない者は仏さまといえども助けることができない)で、お釈迦様が差し出された救いの手を振り払うようなことをカンダタはしてしまった、ことも書いたと思います。

我利我利はカンダタだけのことなのか?

「我利我利」とは、自分さえ儲かればいい、自分さえ助かればいいという人間の本性を教えられた仏教の言葉ですから、カンダタだけのことではなく、私達にも我利我利の本性があるんです。普段は、余裕がありますから本性がむき出しにはなりませんが、追い詰められたり、余裕がなくなると私達もカンダタと同じように我利我利の本性が顔を出します。

芥川龍之介も、自分の心の中にカンダタと同じ我利我利の心があることを感じていたみたいで「周囲は醜い。自己も醜い」と『侏儒の言葉』に書いています。芥川龍之介の収入が増えると、今まで音信不通だった親戚や友人までもがお金の無心に次々来たそうです。(罪人が蜘蛛の糸を登ってくる光景と重なります)そんなお金に群がる人たちを身内といえど、友人といえど疎ましく思い俺の金に群がってくるな!と叫びたい衝動があったに違いありません(カンダタの声と重なりますね・・)

我利我利の根深さを知らされた友人の話

 

我利我利の本性は、余裕がある時はあまり表面化しないとも言えますが、次のような話を友人から聞いて、我利我利の根深さを知らされる思いがしました。友人の奥さんが妊娠した時、奥さんは一日タバコ1箱以上は吸う喫煙者だったらしく、妊娠してもタバコが止められなかったそうです。夫の前では、吸わないようにしていたそうですが、奥さんが隠れて吸っているのは、分かっていたそうです。妊娠中の喫煙は、胎児に悪い影響があることを奥さんもよく知っていたそうですが、タバコの本数は減らしても、止めるまではできなかったみたいです。

見るにみかねた友人が「赤ちゃんのことを考えたら、タバコはやめるべきだろう!」と奥さんに言おうとした時、なぜかふと考えたそうです。「見知らぬ妊婦の奥さんがタバコを吸っているのを見たら、同じように注意するだろうか?」やはり自分の赤ちゃんが可愛いから言いたくなる。「では、赤ちゃんのために奥さんを注意するのか?」赤ちゃんが生まれた時に、何か障害でもあったら可哀想だから。「それは本当に赤ちゃんのためだけを思ってなのか?」障害のある赤ちゃんを育てる大変さを背負いたくないという自分の都合(自分は苦労したくないという我利我利の一端)が一番根っこにあったと友人は話してくれました。

自分はできるだけ苦労したくないという自分の都合、我利我利の一端を全面に出して、奥さんに注意していたら、一方的に奥さんを責めるだけのキツイ言い方になり夫婦喧嘩に発展しかねませんし、妊娠中の奥さんの精神状態は安定しなくなる可能性が高かったと思います。ところが友人は、自分の都合を一番に考える根深い心に気がついたおかけで、妊娠中の奥さんの大変さをいたわりながら、諭すように話ができたそうです。

自分の考えること、思うことの根底に我利我利の本性が根深くかかわっていることを知らされ自戒させられました。そのことに気づくことで自分のとる言動が変わることも学んだ思いがしましたので、参考までに!

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 - 仏教

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。