FXリアルトレード(10月1日)ドル円(サイクル理論:プライマーサイクル)

   

Pocket

ドル円 プライマリーサイクルトップか!?

 

ドル円 PC(週足) 28週目 (PC 24本から35本)

MC(日足) 29日目 (MC 34本から45本)

4HC    96本目 (4HC 60本から80本)

ドル円は、先週の金曜日に最後まで上昇を続ける終わり方をしました。個人的には、大手ファンドが仕掛けているように受け取っています。仕掛けているというのは、PCトップをつける直前に大きく上昇させて、一気に下落に向かわせる流れにもっていくと想定しています。PC(プライマリーサイクル)は、いつトップ(天井)をつけてもいい時間帯ですし、MCは3回連続アップトレンドが続いていて、現在3回目のMCの真っ只中で、いつトップをつけてもいい時間帯です。しかも4HCは、サイクルの延長で96本目とみています。

 

「日足」も「4時間足」もダイバージェンス(逆行現象)を起こしている

日足では、2回目のMCトップ(7月19日)のRSIからみてダイバージェンスを起こしていますし、4HCでは、ローソク足のチャートは4回大きく上げているのに、RSIは、わずかですが4回連続下がっています。日足もダイバージェンスを起こしていることから、週足レベルでPCのトップをまもなくつけるとみています。ドル円は、2回目のMCがいつ終点のボトム(底)をつけたのか分かりにくかったことと、3回目のMCもアップトレンドになるとは考えにくかったことから、ロング(買い)もショート(売り)もエントリーせずにいました。もし7月19日のMCトップを越えることになれば、PCのトップの判断がしやすくなるので、それまでドル円は、ひたすら待とうと決めました。「上がるのなら買っておけばよかった!」という後悔をさせてくれ、と冗談で記事も書いていましたが、ここまで上がるとは思っていませんでしたので、FXは、分からないものだと痛感しています。ですから分からない相場のときは、エントリーしなければいいだけのことなんですね。今回は、ショートを大きく保有するビッグチャンスだと思っていますので、月曜日のチャートの動きをみて、113円後半でショート(売り)の保有をして、もし114円台になれば、大きくショートの保有を追加でする戦略でいきます。たとえまだまだ上がっていく動きをみせたとしても、せいぜい115円台でしょうから、(おそらく115円台には、今回のPCでは、行かないとみています)心配はしていません。どうなるか月曜日のチャートが楽しみです。

 

まとめ

あくまでも私の個人的な見解を述べてみましたが、仕事をしながらのトレードなのでチャートにはりついているわけにもいかず、今回はフライング気味ですが、ショートの保有をする戦略で私は行きます。何度も今までも書いてきましたが、日足のローソク足が月曜日、上ヒゲをつけて終わり、火曜日に、月曜日の最高値を更新しないことを確認してから、ショートを保有するのがオーソドックスなトレードスタイルです。「頭と尻尾はくれてやれ」という相場の格言ですね。下落が始まれば、PCレベルでボトムをつけるのは何週間も経ってからですから、少々エントリーが遅れても充分利益は見込めます。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 - FX

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。