FXリアルトレード(7月25日ドル円・ユーロ円・ボンド円)

      2018/10/10

Pocket

ドル円・ユーロ円・ボンド円決済

 

7月25日の深夜3時の時点で三つともシュート(売り)の決済をしました。

 

ドル円

MC(メジャーサイクル 日足)42本目(7月25日)

もう少し下がると思われますが、MCのトップ(天井)をつけてから

50%の確率で5本目前後でMCボトム(底)をつける傾向があるとみています。

 

また、今回ならば、MCが108.11円から始まり、

113.17円まで約5円ほど上がってトップをつけました。

 

「3分の1戻し」「半分戻し」「3分の2戻し」と言われて、

今回のようにMCがアップトレンドの場合、

「3分の1戻し」なら1,7円ほど下がってボトムをつける

「半分戻し」なら  2,5円ほど下がってボトムをつける

「3分の2戻し」なら3,4円ほど下がってボトムをつける

ということです。

もちろん、「全戻し」というのもあります。

(詳しくは、フィボナッチ数列によるのですが、これは割愛致しますね)

 

専業トレーダーではないので、基本的に深追いはせず、

MCトップをつけてから、ローソク足が5本目前後で

「半分戻し」まできていたなら、決済するスタンスでいます。

 

今回は、トップをつけてから4本目で「半分戻し」していたので、

少し早めですが、チャートにはりついている訳にもいかないので、

「半分下がってラッキー!」の気持ちで、淡々と決済しました。

 

※この記事を書いている時は、5本目のローソク足が、更に下落していきそうですが、

「頭と尻尾をくれてやれ」(相場の格言)と言われるように、

今回は、頭(トップ)がとれてラッキーでしたので、尻尾(ボトム)は、

深追いせずに、早めに決済したという感じです。

 

MCボトムをそろそろつけると思っていますので、

109円台(3分の2戻し)を目安に、ロング(買い)を保有しようかなと

思っています。

 

ユーロ円

 

MC42本目(7月25日)

MCトップをつけてから、昨日は6本目でした。

 

MCが124.62から始まり131.97まで、約7,4円上がりました。

「3分の1戻し」で2,4円下がる(129.50)ラインにきたので、

決済しました。

ユーロ円は、もっと下がると思っていたのですが、6本目で「3分の1戻し」とは

意外でした。

ただ、深追いせずに、早めに決済するスタンスを貫いて、

淡々と決済しました。

ただ、「半分戻し」ぐらいはするとみているので、

128円台前半まで下がれば、ロング(買い)を保有しようと思っています。

 

ポンド円

 

MCが42本目(7月25日)で、

MCトップをつけてから、7本目でした。

トップをつけてから6本目の安値を下回らなかったので、

ポンド円は、すでにMCボトムをつけているかもしれないと見ています。

 

MCが、143.20から始まり149.30まで、約6円上がりました。

「3分の2戻し」で約4円下がる(145.30)ことになり、

6本目の安値が145.46でした。

7本目で、もう少し下がると思っていたのですが、安値更新にはならなかったので、

決済しました。

 

ポンド・ドルのチャートを見ると、MCのボトムをつけて6本目のようにみえるので、

ドルよりポンドのほうが強くなっている傾向がみられます。

 

ポンド円は、「3分の2戻し」まで頑張ってくれたのと、上記のポンド・ドルのチャートから

ポンド円は、MCボトムをつけているとみて、少しだけロング(買い)を保有しました。

 

もう一段下がれば、もっと安心して、ロング(買い)を多めに保有しようと思います。

 

今回のまとめ

 

仕事をしながら、スイングトレード(数日から数週間単位のトレード)をストレスなくするスタンスで

MCトップをつけてから、MCボトムまでの目安(アップトレンドの場合は、トップをつけてから

5本目前後にボトムをつけるのが50%)をみてきました。

あくまでも、50%ぐらいの確率です。

この1年間のトレードの経験からなので、50%というのも、怪しいですが・・・(笑)

 

また、今回は、ドル円、ユーロ円、ポンド円ともに、

分かりやすいMCの形状だったと思います。

しかも、トップをつけてから、5本前後で

ドル円は、「半分戻し」

ユーロ円は「3分の1戻し」

ポンド円は「3分の2戻し」と教科書通りで、私もビックリしてしまいました。

※もちろん、これから更に下落して、MCボトムをつける可能性は「大」です※

 

上記のことからも分かるように、「昨日が、MCトップをつけたな」と思って、

1日や2日遅れて「ショート(売り)」を保有しても、決して遅くないということです。

 

参考までに(^o^)

 

 
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 - FX

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。