福岡から家族5人、格安でディズニーランドへ行く交通手段!

      2018/10/20

Pocket

格安の交通手段はジェットスターの早割

 

交通手段の検討

3年前にディズニーランドに初めて行った時は、一番下の子がまだ2歳になっていなかったので、新幹線や飛行機では周囲の目を気にしてしまうので、自家用車のワンボックスで妻と二人で運転しての長旅でした。福岡からディズニーランドまで約1200キロ、15時間以上かかりました。子どもたちはDVDでワンピースやナルトなどを見ながら退屈することはなかったのですが、運転する私達は行きも帰りも夜行で運転するハードスケジュールでした。交通費は、高速代とガソリン代で往復約6万円弱でした。

今回は、車以外の交通手段を調べたところ、新幹線は大人1人で片道22,000円。旅行社の新幹線とホテルパックで大人往復37,000円。福岡からディズニーランドまで夜行バスでも大人片道11,000円。飛行機は、JALのホテルパックで往復大人1人30,000円でした。目に止まったのは、LCC(格安航空)の中でもジェットスターの値段の安さでした。

3ヶ月前の予約で、福岡から成田の最終便が2,980円!成田から福岡の夕方発が4,790円!(大人も子供も同料金)

今年の1月にディズニーランドに行ってきたのですが、昨年の10月に交通手段を調べ始めたので、ジェットスターに即決で予約しました。1月にディズニーランドに行く予定にしたのは、千葉の知人から、1月の寒い時、特に雪が降った日なんかは、ディズニーランドは、人が少なくて乗り放題だよ、と聞いていたからです。飛行機の値段をみても、1月が他の月より全般的に値段は低く設定されていました。小学生と保育園の子供たちは、学校を休ませて平日に行く予定にして、乗り物に1時間待ち2時間待ちをしなくてもいいようにしました。(おかげでスペースマウンテンやスプラッシュマウンテンなどの人気アトラクションも20分待ちで乗れました!)

ジェットスターの料金

普段から飛行機に乗ることが滅多にないので、ジェットスターを使うのは初めてでした。行きが2,980円の5人分、帰りが4,790円の5人分。座席指定に1人片道500円。(子供が一緒のときは、座席指定していないとバラバラになってしまいます)手荷物預けが別料金、航空券の支払い手数料が1人片道毎に500円、提携している福岡空港近くの駐車場の事前申し込み(これはお得でした)など別途かかる料金がいろいろあることも分かりましたが、それでも格安で時間をかけずに福岡と東京を往復できて、何よりも子どもたちが飛行機を楽しみをしていたので一番いい交通手段を確保できました。

あとで分かったことですが、家族5人分の航空券の支払い手数料が往復で5、000円かかっているのですが、それが、ジェットスターのギフトバウチャーを使うことで、ほぼ無料に近づけることができるんです。今度、ジェットスターを利用するときは、ギフトバウチャーを使います!

ジェットスターのギフトバウチャーとは?

ジェットスターの公式サイトからギフトバウチャーを購入します。2,500円、5,000円、10,000円などを組み合わせて、航空券代、座席指定代、手荷物料金代などの合計金額に近づけます。たとえば、合計金額が9,900円なら10,000円分のギフトバウチャーを購入します。(※差額の100円は戻ってきませんが、往復の支払い手数料1,000円がかからなくなるので、900円のお得です)

購入したギフトバウチャーを使って、航空券を購入するという手順です。

詳しくは、ジェットスターの公式サイト(ギフトバウチャー)を参考にしてください。

ギフトとありますが、自分用に購入することもできます。JCBカードのみ対応。空港の駐車料金には利用できません。有効期限は6ヶ月。お釣りは出ないので、上記のように合計金額ちょうどに組み合わせがならない場合は、少し多めにギフトバウチャーを買う必要があります。手荷物料金や機内食などで調整して、ギフトバウチャーと同じ料金に近づける工夫が必要。ギフトバウチャーを購入するとバウチャー番号(18桁)が指定したメールアドレスに送られてくるので、航空券の購入時に、ギフトバウチャー番号を登録すれば航空券を購入できます。

成田空港からディズニーランドへの移動手段

福岡から最終便で成田空港に到着して、日航ホテル成田に宿泊。楽天ユーザーの私は、楽天トラベルで宿泊予約を3ヶ月前にして超早割りを駆使しました!ほとんど寝るだけでしたが、和室の広々とした部屋で家族5人で13,800円。ただ、成田空港から日航ホテル成田まで送迎バスが第二ターミナルのバス乗り場から出ているのですが、飛行機が夜11時ごろに第三ターミナルに到着だったので、500メートルぐらい歩きました。

翌日、朝7時のリムジンバスで成田空港第二ターミナルから出発してディズニーランドへ向かいました。リムジンバスの乗車券は当日しか購入できないので、満員だったらどうしようと少し思いましたが、10人ぐらいしか乗らなかったのでゆったり座れました。1月の平日にディズニーランドへ成田空港から朝一番で行く人は少ないみたいです。電車を乗り継いで行く手段もありましたが、子供3人連れて平日の通勤ラッシュや乗り換えなども考えるとリムジンバスで寝ながら行ったほうが楽でした。リムジンバスは、しばらくキャンペーン料金で大人1,800円、子供900円です。渋滞もなく70分ぐらいで着きました。電車だと1、200円ぐらいで、1時間30分ぐらいかかるようです。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ

宿泊は、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイでした。ディズニーランドから一番離れているオフィシャルホテルだからか、ベットが4つの洋室で、家族5人で一泊13,600円でした。1階にコンビニやキッズスペースがあったり、夕食はバイキングが3,000円しないぐらいで、子どもたちは大浴場を気に入ってご機嫌でした。ホテルからディズニーランドへは無料のシャトルバスで20分ぐらいです。帰る時は、ホテルの玄関前から成田空港までリムジンバスが出るので、これも便利でした。

ディズニーランド2デーパスポートの格安はあるのか?

ディズニーランドの2デーパスポートの格安を探してみましたが、残念ながら特に見つかりませんでした。少しためになるチケット情報としては、ディズニーeチケットで事前購入して、プリンターで印刷すれば、当日窓口に並ばずにスムーズにチェックインができること。

2デーパスポートを事前購入すると払い戻しは基本的にできないので、1デーを2回買うより安くはなりますが、キャンセルできないデメリットがあります。今回は、飛行機もキャンセルすればキャンセル代が高くつきますし、雨が降っても雪が降っても2日間ディズニーランドに行くことにしていたので、数日前に2デーパスポートを事前購入しました。事前購入チケットだけでなく通常チケットもキャンセル、払い戻しはできませんが、予定していた日に行けなくなった時は、日付指定の変更や有効期限の延長ができます。通常チケットだと手数料がかかりますが、eチケットだとネットでの変更が無料でできます。

また、1デーパスポートを買って、園内にいる時に、2デーに変更してもらうことは無料でできます。2デーにする差額だけを払えばいいので、2デーパスポートを購入するのと同じ値段になります。参考までに!

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

 - 節約

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。