7月豪雨被害支援募金

   

Pocket

豪雨災害の支援募金をポイントでしてみては?

 

みなさんは、水害などの被害は大丈夫だったでしょうか?

すぐ近くに那珂川が流れていて、金曜日の夜は役場から「避難勧告」が流れました。

氾濫危険水位に、かなり近づいていましたので、金曜日の夜勤は休みにしてもらって、

いざ避難となったときに子供たちを連れて逃げられるように準備していました。

 

幸い夜中には小雨となり朝方には、水位が半分ぐらいになっていたので、

ホッとしましたが、ニュースをみてみると、広島をはじめ各地で

記録的豪雨の被害が広がっています。

 

Yahoo!ネット募金

 

Yahoo!ネット募金からメールがきていたので、

まずはポイントを全部(といっても少しですが・・・)豪雨災害の支援募金に!

現在、Yahoo!ネット募金に、8,000万円を超える募金が寄せられていました。

 

楽天ポイントもある程度たまっていたので

(楽天のヘビーユーザーなので一応ダイヤモンド会員です・・・)

それも楽天スクラッチ募金のサイトから豪雨災害の支援に!

楽天募金には、700万円を超える募金が現在寄せられていました。

 

やっぱりYahoo!の方が利用者が多いんですね。

額だけみても楽天の10倍以上です。

 

考えてみれば、1億2千万人以上、日本の人口があり、

一人が1円の募金をすれば(赤ちゃんも含めてですが)1億2千万円、

一人が10円の募金をすれば12億の募金が集まることになります。

家族5人分をまとめて募金しても一家族50円の支援ですね。

 

ポイントの中には、失効直前のものがあったりします。

募金のサイトにログインする一手間がいりますが、

(パスワードを忘れていたら、なおのこと手間ですが・・・)

生活に支障のない中から、少しでも施しをする功徳を求めたいものですね。

 

仏教の「布施」(施し)

 

「名利のために千金を投げ出すは ヒゲをなでるよりも易く

慈悲のために一銭を投げ出すは 生ヅメはがれる思いがする」

と昔から言われます。

 

「名利」とは名誉欲や利益欲のことで、

「おいしいものを食べに行こう!」「温泉に!」と自分のためには

結構、気前よく使ったりします。

「慈悲」とは人助けですから、人のために使うとなると、

なかなかキッカケや呼びかけがないと施しができないのが私達ですね。

 

実は、お釈迦様が托鉢をされていたのは、そういう私達が

少しでも布施の功徳を求められるようにするためだったんです。

 

お釈迦様のような仏のさとりをひらかれた仏徳をそなえられた

尊い方が托鉢にいらっしゃれば、仏教に関心のない人でも

そのお姿に心うたれて布施をすることでしょう。

 

布施の功徳は素晴らしく、わずかな施しであっても、

やがて素晴らしい実を結ぶのだと教えられています。

 

たとえば、1玉10キロ以上もあるスイカのタネは、

1グラムにもならないようなタネですね。

私達は、経験的に、小さなタネからスイカができることを

知っていますが、(それも一粒のタネから何十玉とスイカがとれます)

なにも知らない人に

「こんな大きなスイカが、こんな小さなタネからできるんですよ」と

言っても、

「信じられない!見た目も違えば、大きさもまるで違うのに、ありえない!」と

信じてもらえないでしょう。

 

わずかな種まきであっても、そのタネをまいた人に、

素晴らしい幸せが、時期がきたときに返ってくるから不思議です。

(1グラムのタネから10キロのスイカとすると1万倍です)

 

「情けは人のためならず」と昔から言われるように、

布施の功徳を求めた人が、実は一番、幸せのたねをまいていることに

なるんですね。

 

 

 - 一言説法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。